顔の脂肪吸引の方法や圧迫方法・ダウンタイムはどのくらい?

脂肪吸引の基礎知識

顔やあごのライン、頬の脂肪などお顔の脂肪を気にされる方はとても多くいらっしゃいます。

フェイスラインがすっきりしているとその人の第一印象まで左右されるのでとても大切な部分です。

しかし、脂肪吸引と聞くと痛みや腫れが気になってしまったり、顔のことなので傷跡が気になるという方も少なくありません。

今回は顔の脂肪吸引について詳しく調べてみました。

顔の脂肪吸引の傷はどのくらい?

顔はとても大切な部分なので傷跡が目立つのだけは避けたい!と思いますよね。

顔の脂肪吸引は通常、耳の後ろや一番目立たない部分から数ミリ程度切って脂肪を吸い出します。

耳の後ろの場合ほぼ傷跡は目立ちませんし、浅く切開をするのでほとんど傷跡は目立たなくなります。

脂肪を吸い出す量も多くないので、軽い施術になりますし、ダウンタイムや腫れも他の部分と比べて少なく、まさしく少しの施術で大きな効果が得られる整形施術と言えるでしょう。

顔の脂肪吸引の後の圧迫方法は?

通常脂肪吸引の後は内出血防止、痛み防止のための圧迫固定やフェイスサポーターなどを用いて固定します。

顔の場合は、圧迫は1日〜2日必要だと言われていて、他の部分は最長1ヶ月ほどかかる部分もある中とても短い期間ですみます。

伸縮性の優れた素材でできていて、不快感も少なく使えます。

すっぽり包み込むようなフェイスバンドで、顔の脂肪吸引を実際に行った人は外出の際はマスクをしたらバレない!との口コミがありました。

他の体の部位の圧迫はどちらかというと大掛かりなので、まずは顔の脂肪吸引から試してみるというのもいいかもしれませんね♪

顔の脂肪吸引の痛みや腫れ・ダウンタイムは?

気になるのは顔の脂肪吸引の痛みや腫れ・ダウンタイムについてです。

まずは痛みですが、麻酔をかけて数ミリ程度切開をしたのち、脂肪を吸い出します。

気になる部分の脂肪を少しずつ丁寧に吸い出すのですが、麻酔がしっかり効いているので施術中に痛みを感じることはまずありません。

術後には痛み止めをもらいますが、口コミでは痛み止めを飲まなくても平気だったという声もあったほどです。

術後顔を圧迫する必要がありますが、これも特には痛くありません。

しかし、日常生活に少し師匠が出てくることはあるでしょう。

食べ物を食べる時や、歯を磨く時など。

必ずお仕事や学校は1日2日おやすみするようにして安静にしましょう。

腫れは2〜3日はピークですがだんだん治ってきます。

1週間経てばほとんど腫れも収まりますが次はむくみが出てきてしまうことも。

2〜3週間目ではまだむくみが取れない人もいるので完成するのに1ヶ月と考えておくといいでしょう。

人によっては完全に完成するのに3ヶ月かかったという人も。

痛みに関しては、数日は少し痛むという人もいますが、その痛みは筋肉痛のようなどんよりした痛さとよく表されます。

焦らないためにも、術後の安静期間は長く余裕を持って設定しておくことをお勧めします。

まとめ

豊胸手術
顔の脂肪吸引はダウンタイムも短く、脂肪吸引を始めてやる方にもとってもおすすめです!

いつもみる部分だからこそ、効果も実感しやすいですよ♪

信頼できるクリニックは湘南美容クリニックの脂肪吸引をチェック!

 

そのほかの信頼できるクリニックはこちらから↓

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました