脂肪吸引+豊胸の特徴やメリットとデメリット・口コミや体験談まとめ

脂肪吸引の基礎知識

脂肪吸引にはただ脂肪を吸引するだけではなく、その脂肪を豊胸術として、注入することも可能で、最近主流になりつつあります。

しかし、そんな脂肪吸引と豊胸術を合わせた方法にはメリットとデメリットも。

デメリットと聞くと、怖い失敗があるのでは・・?と思われるかもしれませんが、事前に知っておけば防げるものです。

しっかりメリットとデメリットを把握するようにしましょう。

脂肪吸引+豊胸術とは?

脂肪吸引と抱擁術を合わせる方法とは、自分の体の脂肪が気になる部分の脂肪を吸引し、脂肪をバストに注入する方法です。

脂肪を吸引することで自分の気になる体の部分が確実に細くなりますし、その吸引した脂肪は自分の体に入っていたものなので、バストに注入することで、バストも自然にふっくら!

かつては脂肪吸引で吸引したものをバストに注入すると吸収されると言われていましたが、最近では「コンデンスリッチ法」「セルーション法」など自然にしっかり定着する豊胸術が編み出されたことによって、自然に吸収されやすいことはなくなりました。

特にコンデンスリッチ法は、吸収した脂肪からシコリの原因となる死活・老化細胞などの不純物を除去し細胞を濃縮した新鮮なコンデンスリッチファットだけを注入していく施術法で、定着率が高いだけでなくシコリができにくいと言われています。

この、コンデンスリッチ法に関して定評があるのは、湘南美容クリニックで、特許も取得している「ウェイトフィルター」を使うことで、空気中の菌や誇りにも触れさせず安全で強く健全な脂肪細胞のみを抽出することで抜群の定着率を誇っています。

そしてこれは湘南美容クリニックの大人気施術となっています。

 

湘南美容クリニックはこちらからチェック!

 

脂肪吸引のリスクは?凸凹になるって本当?

脂肪吸引にはリスクがあり、かなり低い確率ではありますがゼロではないといわれています。

その可能性は1%イカとも言われていますが脂肪吸引を行なった部分が凸凹になることがあるそうです。

原因は術後の圧迫固定が不十分であったり石の技量不足であったりなどが考えられます。

痩せ型の人が特にそのリスクが高いと言われていますが、一番はクリニック選びと医師選びが重要です。

どのくらい吸引するのか、均等に吸引する技術に関してはその医師にかかっています。

安心で信頼できるクリニック・医師を選びましょう。

 

信頼できるクリニックはこちらからチェック!

~2018年度版~豊胸施術クリニックランキング【理想のバストを手に入れろ♡】

 

脂肪吸引+豊胸術のメリット

脂肪吸引と豊胸術は整形のなかでも人気施術の2つです。

その2つを組み合わせるのはいわば一石二鳥と考える方も多く、大人気です。

まずはメリットから見ていきましょう。

自然な見た目と感触

よく、シリコンバックを入れると、見た目でわかるという人がいます。

触り心地に関してもわかる人にはわかるかもしれません。

しかし、脂肪吸引+方向術であれば自分の脂肪なので、胸に移動しても触り心地は何も違和感がありませんし、見た目もとても自然です。

自信を持って、見せることができますよ♪

レントゲンに写らない

バストの9割は脂肪です。

ですから脂肪吸引+豊胸術を合わせてもレントゲンに異物はうつりません。

乳がん検診も普通に受けられます。

アレルギー反応が起こりにくい

豊胸バッグを胸に入れるときにごく稀にアレルギー反応や異物を体内に取り入れることで起こる拒絶反応が見られることがあります。

しかし、脂肪吸引+豊胸術は自分の脂肪であることによってこれらのリスクがかなり低くなり、後遺症の心配などもいりません。

最も安全な豊胸術と言っても過言ではありません。

部分痩せの効果がある

脂肪吸引のメリットですが、ダイエットにおいて部分痩せはかなり難しいですよね。

この部分だけ痩せたいと思ってもなかなかうまくいかないものでしょう。

脂肪吸引はお腹、お尻、二の腕、ふくらはぎや太ももから可能です。

自分が気になる部分が細くなって、胸が自然に大きくなるというのは小さな施術で大きな効果をもたらすこと間違いありません。

傷跡がほとんど残らない

脂肪を吸引した後、バストに脂肪を注入する際にはバストの下から注射器を使って注入します。

脂肪吸引も吸い出す時の傷は約数ミリ程度なので非常に小さな傷跡で目立ちません。

時間が経てばさらにわからないほどになるので、傷の心配がいりません。

 

脂肪吸引+豊胸術のデメリット

脂肪吸引+豊胸術にはメリットだけではなくデメリットも。

このデメリットを把握しておかなければ、後々後悔したり、カウンセリング不足で納得いかない仕上がりになってしまうこともあるかもしれません。

ダウンタイムがある

脂肪吸引+豊胸術にはダウンタイムがあります。

脂肪吸引は1週間ほど筋肉痛のような痛みが残り、バストは数日むくんだり、軽い腫れが起こります。

痛み止めも処方され、我慢できないほどでは決してありませんが、激しい運動などを控え、安静にする必要があります。

シコリができることも

医師の技量不足によりしこりができる可能性もあります。

1箇所に多く脂肪を注入し過ぎてしまったり、注入した脂肪に不純物が混じってしまったことが原因と考えられていますが、これを防ぐためには丁寧に少しずつバストに脂肪を注入する技術をしっかり持ち合わせたクリニックとドクターを選びましょう。

注入した脂肪の一部は吸収される可能性がある

クリニックによっては吸収されない最新の方法などを常に編み出しています。

何もせず、ただバストに注入しただけでは吸収されることもありますがしっかりこだわっているクリニックなら心配いりません。

安全・安心・信頼できる脂肪吸引+豊胸術に定評のあるクリニックを選びましょう。

まとめ

豊胸手術

脂肪吸引+豊胸術はメリットもありますが、デメリットが全くないわけではありません。

より良い効果を求めるならクリニック選び・ドクター選びが特に重要です。

まずは、信頼できるクリニック、湘南美容クリニックを詳しく見て見ましょう!

 

湘南美容クリニックを詳しく見てみる!

 

そのほかのクリニックはこちらから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました