埋没法&二重整形の前日と術後の飲酒はいつからOK?お酒やアルコール類の対処法

二重整形の基礎知識

埋没施術をしたいけれども、前日や術後の飲酒は大丈夫なのかお酒好きなかたはとっても気になるところ!

日常的にお酒を飲む人や、夜のお仕事をされている方、施術を受ける日の前後にお酒の約束がある方など事情はさまざまですし、しっかり把握しておきましょう。

施術前後にお酒は飲んでもいいのか、いつから飲酒はしていいのか、気をつけたほうがいいこと、またお酒を飲む予定が前後にある方が施術を選ぶ際に気をつけたほうがいいポイントも調べてみました!

施術前はお酒を飲んでもいいの?

結論でいえば、施術前日のお酒はOK♡

お酒を飲みすぎると麻酔がききにくいのでは?と思われるかもしれませんが、実はそんなことはないので安心してください。

少々お酒を施術前に飲んだからといって麻酔が効きにくいわけでもないですが、長期的に毎日お酒を飲み続けている人は確かに麻酔がききづらいというデータがあります

ですので、前日にすこし飲んだからといって影響はありません

お酒をのんだせいで埋没がとれた!ということも考えにくく、万が一とれてしまったとしてもお酒が直接関係する可能性は低いとのこと。

しかし、カウンセリングで施術のこと、アフターケアなど大切な話をされるので、酔った状態で行くのは絶対に避けなければいけません。

そして、埋没施術は時間がかかる施術ではありませんし少し休んでから帰宅しますが、視界が悪くみえる人もいるので、二日酔いの状態などで帰宅するのは危険だという意見も。

埋没施術は気軽な施術とはいえ、失敗は許されません。

その他に、お酒を大量にのむことによって顔やまぶたがむくみます。

むくんだ状態で二重のシュミレーションをしても、むくみがとれたときとイメージに差がでてしまう危険性もあります。

医学的にはOKでも、腫れを最低限にしたり、完全にお酒がぬけている確信がもてたほうが安心なのでできれば避けたほうがいいでしょう。

術後はお酒を飲んでいい?いつから飲酒はOK?

術後のお酒は術前と同じく飲酒はOK!

しかし、術後の当日の飲酒は避けたほうがよいでしょう。

お酒を飲むと血の巡りがよくなり、術後出血してしまう可能性があるからです。

そして、血の巡りがよくなるとますます腫れがひくのが遅くなってしまうので、一週間ほど飲酒を避ければ、必要以上に腫れることはありません。

埋没が完全に完了し希望通りの二重ラインが完成するまで最低一ヶ月はかかりますし、腫れが引くのが遅くなってしまえば失敗したかも?と不安になることもありますし、怖いですよね。

どうしてもすこし飲みたいという人は量をへらすといいでしょう。

みんなは埋没施術を受ける日の前後の飲酒はどうしてる?口コミ

施術前後の飲酒で気をつけなければいけないこと!

施術前後の飲酒で気をつけるべきことは、

・飲みすぎない

・度数の高いお酒を避ける

この2つです。

一週間はいつもよりペースを落としたり、やめれる方はやめるとさらに腫れは早く引きます。

そして、飲酒意外にも、喫煙、運動も控えめにすると血の巡りが良くなりすぎることはないので早く腫れが引きますよ。

術後は安静にを心がけましょう。

飲酒の予定が施術後にある方へおすすめの施術

しかし、どうしてもお酒を術後に飲む予定がある!という方へは、

湘南美容外科クリニックのほとんど腫れない「クイックコスメティーク法」という施術がおすすめです!

クイックコスメティーク法をおすすめする理由

クイックコスメティーク法をおすすめする理由は、飲酒は血の巡りをよくするので普通の埋没法では腫れを長引かせてしまいますが、この施術であればまぶたに傷がつかないのでもともと腫れが最小限であることからもし飲酒をすることがあって腫れてもあまり目立たなくてすみます。

また、もちやコスパもよく、保証がしっかりしている施術なので安心して施術してもらえますよ!

どうしても術後にお酒を飲む予定があり、腫れ箚せたくない人におすすめです。

二重LP

>>クイックコスメティークの詳細・症例はこちらをチェック!!

まとめ

施術前後の飲酒はOKですが・・・やはり避けたほうが無難ですし、きれいに二重を早く完成させるためにもやめておくのがおすすめです

しかしどうしてもという場合は量で調節するといいでしょう。

そしてできる限り腫れづらい施術をしてくれるクリニックを選ぶとさらに影響は少なくてすみます。

二重まぶたの整形おすすめの美容外科は、以下のランキングをご覧ください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました