【そこが知りたい!】二重整形&埋没法を受けた後、抜糸できる?口コミ

二重整形の基礎知識

理想の顔を夢見て二重整形に踏み切りたいけれど、でももし自分に似合わなかったらどうしよう?という不安はないでしょうか?

もしそうした場合、「二重は元に戻せるの?」という疑問が生まれると思います。

二重整形で元もポピュラーなのは医療用の糸を使う埋没法ですが、この場合「抜糸はできるのか?」ということが非常に重要なポイントになります。

でも抜糸と言っても注意点がたくさんあるのです!

そこで今回は二重整形の抜糸について、徹底的に追求したいと思います。

埋没法は抜糸ができる場合と難しい場合がある

実際に二重施術をして抜糸で元に戻す人はいるようです。

つまり抜糸は可能ですが、できるケースとできないケースとがあります。

まず埋没法とは糸を使って二重にする施術で比較的簡単な方法ですが、戻せる場合にはまぶた表面に1mmほどの穴を開け留めていた糸を引き出し抜糸します。

留めていたものをなくせば元の状態に戻ります。

所用時間はだいたい5分ほどのため、比較的簡単にできます。

抜糸ができる場合

このように簡単に抜糸ができて元の状態に戻すには「施術をいつしたか」が大切です。

簡単でキレイに抜糸できるのは、施術してから1年以内が良いです。

なぜなら二重がまだ癒着を起こしていないからです。

気になるのは抜糸をした時に痕が残らないかということだと思います。

もし施術から1年以内の状態で抜糸ができれば、引き抜いた際に少し傷がつく程度です。

ほぼ目立たないので一ヶ月もかからず綺麗に治ります。

抜糸が難しい場合

でも抜糸が難しいケースもあります。それは次のような時。

①埋没をしてから何年も経っている

②特殊な埋没施術をしている

 

①の場合は施術をしてから1年以上たっているなどして、癒着が起こっている場合です。

すでに二重が定着しているので、仮に抜糸ができたとしても元に戻せない場合があります。

②は一般的な施術ではなく、まぶたの裏から糸を留めるなど特殊な施術をしたケースです。

こうした場合は医師の高い技術がなければ簡単に抜糸をできないことが多いです。

この2つのケースで抜糸をしようと思った場合皮膚の切除施術を行うこともありますので、思ったよりもおおがかりな施術に発展する恐れもあります。

抜糸にともなうリスクとは

抜糸というと簡単なようですが、実はそれ相当のリスクも伴います。

主なリスクとは

  • 抜糸による傷跡が残ることがある
  • しこりが残ることがある
  • 眼瞼下垂が生じることがある

などです。

抜糸による後遺症も想定して、施術医とよく話し合ってみましょう。

その抜糸は本当に必要?

抜糸と一言で言っても、必要にせまられてするケースもあります。

事例を知っていれば安心ですね。ではどのような場合なのか確認していきましょう。

早急に抜糸の必要がある場合

早急に抜糸が必要になる場合がありますが、主に次の2つのような症状です。

埋没施術をした後しばらくしても痛みがある時

・糸が出てきてしまった時

施術後に痛みがある場合は、埋没で留めた糸がなんらかの理由で眼球に触れてしまっていると考えられます。

また、糸がでてきてしまった場合は医師の技術不足が原因となっています。

これらの症状はクリニックも早急に対処してくれるので、違和感を感じたら自分で判断せずにすぐクリニックに問い合わせましょう。

抜糸を少し待ったほうがいい場合

埋没施術後は、2~3日で腫れが引いていくのが一般的で、完成(キレイに二重が定着する)するまで最低一か月かかるとも言われています。

そのため施術後すぐに「思っていたデザインではないから」という理由で抜糸を検討するのは少し待ってください。

時期が来れば落ち着いてくることもあるので、痛みなど緊急の場合を除いて時間を置くことをおススメします。

しかし施術後1ヶ月間は出血や腫れがまだある状態ですから、どちらにしろ抜糸は許可されないと思います。

思っていた理想のデザインにならず、抜糸を希望する場合

こうした期間を置いてもやっぱり「デザインが気に入らないから抜糸をする」という決断をした場合は、必ずリスクを調べてから検討しましょう。

また別の方法を選ぶという選択肢もあります。

そのままもう一度埋没を再度受ける、切開手術で再度二重のラインを作る、などの手段です。

でもこうした場合は医師の高い技術や、再度デザインによって施術方法が大きく変わってきます。

必ず技術の高い先生や修正技術に定評がある先生を見つけて、しっかりとカウンセリングを受けてから決断することをおすすめします。

>>二重整形で安心できるクリニックランキングをチェック!

抜糸した際、どのくらい腫れる?

抜糸をした後、少しですが2~3日の腫れがあると考えられます。

傷跡が綺麗になるには1ヶ月はかかるでしょう。

 

抜糸する際の痛み

抜糸で気になるのは痛みですよね。

しかし抜糸の施術ですが、ほとんど部分麻酔をします。

こちらもきちんとクリニックに問い合わせをしてみましょう。

 

抜糸を検討しはじめたらまずは施術医に相談しましょう

抜糸を検討しはじめたら、まずは施術医に相談をするようにしてください。

カルテや施術内容も保存されていますし、症例もあるため総合的に判断してくれるはずです。

糸が出てきた、痛みがある、という場合なら保証制度によって対応してもらえるケースがほとんどです。

施術したデザインを変えたいための抜糸であっても、受けた施術によっては保障の範囲内で無料で抜糸してもらえることもあります

こうして考えると、さまざまなケースを想定して保証制度のしっかりしたクリニックを選ぶ必要がありますね。

 

抜糸は専門医のカウンセリングをうけてみて!

埋没の抜糸は難しいケースもあります。

もう一度リスクを確認しましょう。

  • 埋没後の抜糸はできるケースとできないケースがある
  • 早急に抜糸したほうがいい場合とそうでない場合がある
  • 難しい抜糸は修正の名医に相談したほうがいい
  • 抜糸をせずに再施術、切開法を受けることも可能
  • 受けた施術によって保障適用内で無償で抜糸できることもある

埋没施術をうけたあと1年以上時間が経過しているなどの場合は、抜糸の名医や専門医の先生に問い合わせをしてカウンセリングを受けるようにしてください。

>>二重整形の人気クリニックランキングをチェック!

まとめ

一言で抜糸といっても、美容整形に関してはリスクが多く伴うこともあるとおわかり頂けたでしょうか?

まずは美容整形をする前に、医師の技術は高いか、保証は充実しているかなど、抜糸のリスクまで想定して、クリニック選びをする必要がありそうです。

HPなどの情報では載っていないこともありますので、まずはカウンセリングを受けてみるのも良いかと思いますよ♪

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました