【みんなはどうした?】妊娠中・授乳中の二重整形&埋没施術はしてもOK?詳細と口コミ

二重コラム

二重整形したいけれど、妊娠・出産の時期が重なったらどうなの?という疑問を持ったことはないですか?

妊娠・出産は女性にとって一大イベントでもありますが、それは身体にとっても同じこと。

通常生活では特に問題ないことでも、状況が大きく変わります。

今回は、妊娠中や授乳中に二重整形は可能なのか、胎児や赤ちゃんに与える影響について徹底的に探っていきたいと思います!

妊娠中の施術ってしていいの?

まずは妊娠中に整形施術を行っても大丈夫なのか?という質問には、クリニックによって見解が分かれるところです。

妊娠中はホルモンバランスが乱れやすく、お腹の赤ちゃんに影響を及ぼすこともあるので施術をしないクリニックもあります。

また施術中に投与される麻酔薬が胎児に影響を及ぼさないとは100%言い切れません。

ただし通常、体内に麻酔が入った後にその効果が続くのはわずか1.5~2時間ほどだと言われています。

つまり施術後、翌日には麻酔成分が体にはほとんど残ってないことになります。

こうした観点からすると、妊娠中の簡単な埋没手術なら行っても問題はなさそうですが、ほとんどのクリニックでは不安が残るような状態で施術を行うのは難しそうです。

事例が少ないため、妊娠中の施術は慎重になるべきだと言えますね。

授乳中の埋没施術はできる?

では出産後に埋没手術を行うことは可能なのでしょうか?

その場合心配されるのが、施術中に使われる麻酔薬が赤ちゃんに及ぼす影響です。

生後間もない赤ちゃんは授乳させることが多いですが、その授乳に薬の成分が出てしまわないか、ということがポイントです。

まず埋没法の麻酔はほとんど「リカドイン」という成分の麻酔薬が使われます。

この「リカドイン」という麻酔は歯の治療によく使われるものと同じです。

リカドインが体内に残っている時間(成分が約半分になる)は1.5時間から2時間といわれているため、その時間を置けば授乳はできそうです。

ただし薬は麻酔だけではなく、術後に処方される抗生物質もあります。

抗生物質は副作用もあるため、授乳によって赤ちゃんに与える影響には慎重になる必要がありそうです。

心配な時は自分で判断せず、かならず医師の指示に従うようにしましょう。

>>二重整形で人気のクリニックに相談してみる

まとめ

いかがだったでしょうか?

手軽に受けられる埋没施術ですが、妊娠・出産となると状況は変わってくるようです。

また施術によって多少なりとも痛みやストレスが母体にもかかってきますので、メンタル的なことでも赤ちゃんに影響がでないか心配な部分はあります。

また産後数か月後だったら施術を受けられるクリニックもありますので、まずはネットからでも気軽に相談してみることをおススメします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました