【そこが知りたい!】二重整形&埋没法を受けた後、抜糸できる?口コミ

二重整形の基礎知識

ごく少数ですが「二重施術をした後、元に戻せますか?」という質問を頂くことがあります。

似合わなかったため元に戻したい、なんらかの事情で一重に戻さなければいけなくなったなど、このようなケースがないとも限りません。

このような不安があるまま整形施術に踏み切るのも勇気がいりますよね。

そこで今回は本当に元の目の状態に戻すことはできるのかという疑問について徹底的に調べてみたいと思います!

埋没法は抜糸ができる場合と難しい場合がある

今回は埋没法で二重施術をした場合の方法についてお伝えしていきます。

埋没法を施術前の状態に戻すということは抜糸をすることになりますが、できる場合と難しい場合とがあります。

基本的に埋没法は糸を留めているだけの簡単な施術のため、まぶたの表面に1mmほどの穴を開け糸を引き抜くことで完了します。

所用時間は5分もかからないので、抜糸自体は簡単だと言えます。

抜糸が簡単にできる場合

抜糸が比較的簡単にできる時期というものが実はあります。

それは施術をしてから約1年以内のケースです。

施術から1年以内ですと糸と皮膚とがまだ癒着を起こしてないため、綺麗に糸を引き抜くことができます。

引き抜いた際の傷も一ヶ月もかからず綺麗になおります。

抜糸が難しい場合

抜糸が難しいのは次の2つです。

・埋没をしてから数年が経過している

・まぶたの裏側で糸をとめる施術をした

施術をしてから何年も経過していると糸が皮膚に癒着しているおそれがあるため、抜糸にはそれなりに高度な技術が必要とされます。

またまぶたの裏側で糸を止めた二重施術をした場合は眼球に近いため、難しい抜糸となります。

場合によっては皮膚を切除する可能性もあります。

抜糸にともなうリスク

二重施術後に痛みがあったり、糸が出てきてしまったという場合には早急な抜糸が必要となりますが、それ以外の理由で抜糸を検討する際はリスクが伴っていることも確認しておきましょう。

  • 抜糸による傷跡が残る
  • しこりが残る
  • 眼瞼下垂が生じる

抜糸をすることで皮膚に穴が開きますので、糸を止めてあった部分の傷跡が残ることもあります。また体質によってはしこりができたり、まぶたの皮膚が垂れてきてしまうなどの後遺症もあります。

必ず医師と十分に相談し確認をしてから抜糸を行うようにしてください。

 

抜糸を検討する前に、もう一度必要性があるか確認しましょう

抜糸にはリスクがあるため、抜糸や再施術は施術医によってはすすめることをしません。

すぐに抜糸が必要な場合と、そうではない場合があることをもう一度確認しておきましょう。

 

早急に抜糸の必要がある場合

早急に抜糸が必要とされるのは埋没施術をした後しばらくたっても痛みが生じる場合です。

この場合埋没で留めた糸がなんらかの理由で眼球に触れてしまっていると考えられます。

すぐにクリニックに問い合わせましょう。

また、まぶたの表面に糸が出てきてしまった場合も早急の抜糸が必要です。

これらの原因は医師の技術不足・失敗の可能性が高いため、抜糸となれば補償で施術費を負担してくれることが大半です。

こちらもできれば二重施術前に保証内容を確認しておくと安心です。

 

抜糸を少し待ったほうがいい場合

埋没施術をした後、多いのが「思っていたデザインと違うから抜糸をしたい」というケースです。ただ施術直後は腫れが多少あり完成していない場合が多いので、腫れが引くまで少し待ってみることをおすすめします。

ほとんどの人が術後2~3日で腫れがひいていきますが、見えていない部分にも内出血や腫れている部分があるので完成まで一ヶ月を目安に様子をみてください。

ただいずれにしろ一ヶ月以内の場合にはまだ内出血している状態なので抜糸や再施術はできませんのでご注意くださいね。

一人で決断する前に、技術が高い先生や修正技術に定評がある先生のカウンセリングを受けることをおすすめします!!

 

抜糸した際、どのくらい腫れる?

抜糸をした後の腫れは多少ありますが、そこまでではないようです。

2~3日で腫れは引くと思いますが、傷跡が綺麗になるには1ヶ月はかかるでしょう。

 

抜糸する際の痛み

抜糸の痛みですが施術前に部分麻酔をしますので、ほぼあまり感じない程度かと思います。

患者さんの痛みに配慮したクリニックでしたら、麻酔の種類や針が細かったりとこだわりがあるので不安な場合は問い合わせをしてみてくださいね。

 

抜糸を検討しはじめたらまずは施術をしたクリニックのカウンセリングを受けること

施術後に異変を感じたらまず自分の目を鏡で見て確認すると思いますが、自己判断せずに必ず医師に相談するようにしてください。

まぶたが今どのような状態かは担当した施術医が一番よくわかっていますので、まずは問い合わせをしましょう。

医師の技術ミスで腫れや痛みがおさまらない場合は補償制度を使って無償で抜糸をしてもらえる場合があります。

またデザインが気に入らずに自身都合で埋没をするときも、受けた施術によっては保障の範囲内で無料で抜糸してもらえることもあります

 

難しいといわれる埋没の場合は修正の名医のカウンセリングをうけてみましょう

抜糸という施術は一見簡単に思えるかもしれませんが、行う時期によっては多くのリスクを伴います。

もし症状が重い時などはためらわず、高い技術のある修正施術に特化したクリニックのカウンセリングをうけることをおすすめします。

 

まとめ

  • 埋没後の抜糸はできる場合と難しい場合がある
  • 早急に抜糸したほうがいい場合と少し経過を見たほうがいい場合がある
  • 抜糸にはリスクがある
  • 難しい場合は修正の名医にアドバイスするといい
  • 抜糸をせずに再施術、切開法を受けることも可能
  • 受けた施術によって保障適用内で無償で抜糸できることもある

 

結論からすると抜糸は多くの場合できますが、時期によりむずかしい場合もあります。

くれずれも抜糸を検討する場合はクリニックのカウンセリングを受けてみてください!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました