二重プチ整形・埋没法の痛みや腫れはどのくらい?ダウンタイムの期間は?

二重整形の基礎知識

二重整形をするにあたってどんなイメージがありますか?

痛そう・・

腫れそう・・

そんなイメージがあるかもしれません。

しかし、二重整形の中でも埋没法はかなり手軽なプチ整形なのであなたのイメージとは大きく違うかもしれません。

実際に管理人が埋没法を受けてみた感想やSNSなどの口コミから本当のところ埋没法は痛いのか、腫れるのか調べてみました♡

これから埋没法を検討している方必見です。

埋没法はどんな施術?

埋没法とは、二重整形のなかでもメスをつかわずに糸でまぶたの裏から留めるだけの手軽なプチ整形です。

メスを使って二重をつくる方法を切開法といいますが、切開法と比べて腫れがひくまでの期間(ダウンタイム)や施術時間が短く、料金も1万円をきる施術があるくらいにリーズナブル♪

これらの多くのメリットがある一方で、デメリットは糸で留めているだけなので、数年でとれてしまうことが多いといわれています。

しかし、最近では美容整形の技術の進歩で値段は少し高くなりますが、半永久のもちを実現させる二重埋没法があみだされたり、どんどん埋没法がメジャーな美容整形になってきています。

埋没法は痛みはどのくらい?

埋没法は局所麻酔を使って、施術します。

局所麻酔とはまぶたの部分だけ麻酔がかかっている状態ですので意識がある状態です。

麻酔がかかっている部分はもちろん無痛なので二重を作っているときは痛みを感じません。

もし感じるとしたら、局所麻酔をまぶたにうつときだけですが、その時もクリニックによってはまぶたに麻酔クリームをぬってくれたり、吸うだけの麻酔の笑気麻酔を使用してから、局所麻酔をするところもあるので痛みはかなり軽減されます。

麻酔針は献血の針の10分の1ほどの細さですし、まぶたの裏で留める糸は髪の毛ほどの細さのクリニックが多いので、術中も安心です。

アフターフォローとして痛み止めも処方されますし、よっぽどでない限り痛みは感じないので安心してくださいね。

痛みに弱い人ができる対策は?

しかし、注射針が細くてもなんでも怖いのは怖いし、痛いのは痛い!!と思う方もいらっしゃるでしょう。

その場合は、静脈麻酔を使用して埋没法を行うクリニックを選ぶといいでしょう。

静脈麻酔は横になって寝ている間に、埋没法が終わっているというもの。

麻酔針の痛みは多少ありますが、寝ている間位におわっていれば恐怖感は半減されますよね。

しかし、静脈麻酔で施術を行うクリニックがとても少ないのもまた事実です。

その理由は、埋没法は手軽な施術ではありますが1番医師が気をつけていることは「左右差がでないようにすること」。

左右差がでないようにすることは、埋没法において1番難しいことなので慎重に行いますし、術中に左右差がでていないか目を開けてもらって確認することも多いです。

ですから、静脈麻酔で眠ったままだと確認がしづらく、その分失敗する可能性もあがってしまいます。

できれば静脈麻酔で埋没法を受けるのは最終手段にとっておきたいですね。

その他に痛みを半減させる方法は、笑気麻酔を取り扱っているクリニックを選ぶことです。

笑気麻酔とは吸うだけで局所麻酔の痛みを半減させたり、リラックスできる効果がある麻酔ですが、吸うだけなのでまずここには痛みは伴いませんし、局所麻酔は身体に力がはいってしまうと余計に痛みを感じてしまいます。

ですから、笑気麻酔でふわっとリラックスしている状態が最も痛みを感じず埋没法がうけられるのでおすすめです。

笑気麻酔を導入しているクリニックは湘南美容外科で、湘南美容外科の施術のほとんどには笑気麻酔は無料でついていますし、ついていない施術であってもオプションとして追加できます。

 

湘南美容外科をくわしく見てみる♡

腫れはどのくらい続く?

埋没法は腫れる期間が短いのも特徴です!

個人差はありますが2~3日で腫れのピークがひき、ほとんどの人が1週間ほどで違和感がなくなります。

ただし、腫れていないように見えても1ヶ月ほどはまぶたの内部で腫れていることが多くあり、馴染むまでに時間がかかります。

他の切開法や部分切開法の場合は腫れが引くまで1ヶ月ほどかかってしまうので埋没法はそれに比べるとかなり手軽で、夏休みや冬休み、お盆休みを利用して整形するのもいいですね。

腫れが引かない場合は失敗?

たまに、「術後腫れがひかない!」「左右差がでている」などの口コミを目にします。

しかし、だから失敗だ!というのは考えにくいです。

まず、埋没法の腫れは個人差があり、半数の人が1週間以内に腫れがひきますがしっかり完成形になるには1ヶ月はかかります。

術後に腫れがひかなくて不安になった場合はまず1ヶ月は様子を見て、それ以降になってもひかない場合はまずクリニックに相談してみましょう。

腫れがひかないときの対処法は?

術後、腫れを早くひかせるためにできることはたくさんあります。

*安静にしておくこと
*入浴を当日は避けること
*激しい運動はせず、数日は安静を心がけること
*冷やすこと
*処方された腫れ止めをしっかり用法をまもって使用すること
*腫れがひくまで飲酒はさけること

などです。

血流がよくなりすぎると腫れがひかないことが多くあるのでいつもどおりの生活ではなくなるべく安静にするのがいいでしょう。

実際に埋没法を受けた人の痛みや腫れについての口コミ

みなさん術後1ヶ月以内ですが、ガチャピンのような目ではないですしとても自然で綺麗ですね♡

整形しました!感もなく、天然二重に見えるのですごい!!

痛みや腫れが少ないクリニックはどこ?選び方は?

どこのクリニックでも痛みや腫れをへらすための努力を1番にされています。

より痛みや腫れを軽減させてくれるクリニックの選び方のポイントは

・施術の種類が多く、選ぶ選択肢が多い
・針、糸にこだわりあるクリニック
・大手クリニックで口コミを大事にしているクリニック
・カウンセリングに力をいれているクリニック

を重視すると成功確率が高くなります。

留める点が多くなればなるほど、その分強度は増しますが腫れがひきにくくなることもあるので、施術の種類が多く自分に合ったものを選ぶほうが腫れはましになります。

それも含めて、しっかりカウンセリングしてくれる先生に相談できるといいでしょう。

まとめ

腫れ・痛みに関しては大手クリニックを選ぶことがおすすめです。

針や糸を独自開発していたり、その人の希望に合わせて様々な麻酔や針の太さなどのオプションが用意されています。

また、アフターフォローがしっかりしている分、なにかあっても安心ですよね。

安さで不安に感じる方もいるかもしれませんがそれだけ店舗数があり、そこで施術を受けて成功した人が多い証拠です。

信頼できるクリニックはランキングをチェックしてみましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました