湘南美容外科 二重整形&プチ整形「マイクロリポサクション」の詳細・名医は?

二重部分切開の詳細

二重整形を実際に検討される方の中で今一番話題の湘南美容外科がうちだしている「マイクロリポサクション」という施術をご紹介します。

これは、まぶたに数ミリメスを入れてまぶたの余分な脂肪を取り除く施術ですがまぶたが厚く悩んでいる人にぴったりと最近人気が上昇中!

普通の埋没法と違い、目がすっきりして見えますし、切開法に比べて傷が小さいので腫れも少なくダウンタイムが長く取れない方、整形バレを少しでも防ぎたい方にも向いています。

そこで、気になるマイクロリポサクションの詳細・価格・料金・口コミ・経過、またマイクロリポサクションの施術がうまいといわれる整形外科医・名医を調べてみたのでお近くの方は参考にしていただけるとうれしいです。

マイクロリポサクションの施術の詳細

部分切開と聞くと、メスのいたいたしいイメージが先行してしまいがちですよね。

しかし、今、腫れが極力少なく、わずか2ミリメスを入れるだけで、目の印象が大きく変わる施術がある!と人気、口コミが上昇中!

それは、湘南美容外科の「マイクロリポサクション」という施術。

まぶたが腫れぼったいひとにとくにおすすめで、メスを入れた部分から余分な脂肪を取り除き、いわばミニ切開手術のような効果を発揮します。

もともと二重のひとであればより目元がぱっちりした印象になりますし、埋没法を組み合わせればより綺麗な二重が出来上がりますよ。

わずかの傷がつきますが、極小さな傷なので腫れも目立たず数日で治りますし、ダウンタイムが気になる方も安心です。

二重にしなくていいから、まぶたのはれぼったさを解消したいという人にも!

>>湘南美容外科の無料カウンセリング詳細を見る

マイクロリポサクションは埋没法と組み合わせることで二重になる

マイクロリポサクションはメスをまぶたに数ミリいれて余分な脂肪を取り除き、目元がすっきり見えるようにする施術でメリットはたくさんありますが注意すべき点も・・。

もし、マイクロリポサクションのみの施術をした場合、まぶたの腫れぼったさはなくなりますが、それだけでは二重にならず、ただまぶたの厚みが解消されるだけです。

逆にもともと二重の人がマイクロリポサクションを受けた場合はよりはっきりした二重になるといわれていて、イマドキなぱっちり目をてにいれることができます。

もし、まぶたの腫れぼったさを解消&二重に整形したい場合はマイクロリポサクションと埋没法の両方を受けることをカウンセリングではすすめられると思っておきましょう。

マイクロリポサクションのメリット

 

  • わずか数ミリのメスを入れるだけなので従来の切開より治りが早い
  • まぶたが腫れぼったい人でも大きく印象が変わる
  • ダウンタイムが普通の切開より長くかからず腫れもひきやすい
  • 効果は永久

 

マイクロリポサクションのデメリット

[bullet_box]

  • まぶたの厚さによってマイクロリポサクションだけでは二重にならない人がいる
  • 埋没だけの施術よりも料金がかかる
  • 傷が目立たなくなるのに一週間前後かかる

[/bullet_box]

湘南の二重施術&切開法の価格・料金比較

全切開(両目) 191,560円

目頭切開(両目) 181,560円

マイクロリポサクション(両目) 54,270円

マイクロリポサクションの施術後の腫れ・痛み

気になるマイクロリポサクションの施術後の腫れですが、マイクロリポサクションのみの施術であれば埋没法と切開法の中間のような感覚です。

マイクロリポサクションはメスを2mmほどいれるだけなので、大掛かりな整形とまではいかないでしょう。

抜糸まで5日~7日後に行いますが抜糸まではダウンタイムがあるのでその間は腫れます。

埋没法とあわせて行う場合は埋没法の種類にもよりますが、同じくらいの日数は腫れるでしょう。

マイクロリポサクションは局部麻酔後に施術を行い、約30分ほどで施術をします。

ですので施術中はまったく痛みを感じず、横になっているだけです。

どうしても麻酔の痛みや施術中の痛みが怖い方はオプションで笑気麻酔(吸い込むだけの麻酔でその後の局部麻酔の痛みが十分の一に半減します)をつけるか、埋没法と合わせる場合は笑気麻酔がオプションについている施術を選ぶとさらに痛みは少なくなります。

術後の痛みは痛み止めや抗生物質を術後処方されますし、術後の痛みに関しては安心できます。

痛みが引かない場合は、施術をうけたクリニックで再度診察をうけましょう。

マイクロリポサクションの口コミ・体験談

 

マイクロリポサクションがうまいと口コミのいい名医 飯田Dr・植田Dr

マイクロリポサクションが上手いと口コミの良かった先生の紹介です♪

横浜院・藤沢院 飯田秀夫Dr

1992年 東京医科歯科大学卒業
以降、同大学医学部、国立がんセンター、他総合病院にて皮膚科、頭頸部外科、形成外科、美容外科を研鑽。
2007年 東京医科歯科大学臨床教授
2009年 リッツ美容外科東京院入職
2013年 リッツ美容外科東京院院長に就任
2014年 湘南美容外科入職

横浜院・藤沢院におられる飯田秀夫Drは湘南美容外科でもトップクラスに人気のドクターです。

飯田先生は湘南の統括技術指導者との肩書もあり、技術では絶対的な信頼のおける先生で、予約も殺到するほど!

最近、整形外科医というと若くてキラキラした雰囲気の男性が多いような気がしますが、この先生は安心して何でも話せそうな温和なベテラン先生で一度飯田先生にカウンセリングをしてもらった方はほとんどそれ以降も通うそう。

経歴が特殊な先生で、東京のセレブたちも通うリッツ美容外科の東京院院長を務められ、湘南美容にこられたことも有名で、技術はお墨付き。

目だけではなく、ほかの部分の施術の評判もいい先生なので、目以外にも気になることがあって聞いてみたい!と思われる方にもおすすめできるドクターですよ。

>>湘南美容外科のドクター詳細・カウンセリング予約はこちら!

大阪 あべの院院長 植田一樹Dr

2011年 近畿大学医学部卒業
大阪市立大学医学部付属病院臨床研修
済生会 富田林病院(外科・麻酔科)
2012年 大阪市立大学医学部付属病院救命救急センター関連施設 若草第一病院ER
大阪市立大学医学部付属病院(形成外科・皮膚科・救命救急)
2013年 湘南美容外科入職

あべの院植田Drについてご紹介!

なんといっても植田先生といえば『フォーエバー二重術』を特に得意とされていて、施術は植田先生にしかできない『両ききを生かした施術』をしてくれることで有名で、遠方から植田先生に埋没をしてもらいたいと県外からもカウンセリングに訪れる人も。

両ききを生かした施術とは、右目には右手で、左目には左手で施術をすることにより、片方の手では難しい垂直に針をさす作業を正確に、より二重が取れにくいとの口コミも多数。

植田先生にしかできない埋没がとれない、幅にこだわった技術はまずはカウンセリングで!!

>>湘南美容外科のドクター詳細・カウンセリング予約はこちら!

マイクロリポサクションは小さな施術で大きな成果が得られる画期的な施術!

マイクロリポサクションは切開まではしたくないけれども、まぶたの脂肪をとってすっきりさせたいという方にはぴったりです。

マイクロリポサクションだけでは二重にはなりませんが、切開と比べてお値段は四分の一程度なので埋没法とあわせてセットで施術するのがとってもおすすめ。

まずはカウンセリングでマイクロリポサクション後のイメージをカウンセリングで確認してみましょう!

二重LP

[button url=”https://www.s-b-c.net/lp/affili/eyelid_ab/” text=”湘南美容外科クリニックの公式HP” type=”normal” target=”blank” nofollow=”yes” color=”blue” icon=”maru-sankaku” width=”wide”]

他のクリニックの比較はこちらから!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました